【中小企業経営者にマトを絞った】セミナー集客に成功する3つの方法

セミナー集客はセミナー参加の対象となるタイプに合わせたアプローチがポイントです。

漠然と広告を出しても反応があるかどうかはわかりません。今回は中小企業経営者やこれから起業しようと考えている人などを対象にセミナーを開きたい場合の集客方法を紹介します。たとえ良いテーマのセミナーでも、認知度が少ないと集客は望めません。またできるだけ早期の告知も必須です。

新型コロナの影響で不安を感じている経営者が増えています。それだけに、「コロナ対策融資の受け方」「ウィズコロナの経営方法」「中小企業にも利用しやすい越境EC」といったテーマのセミナーが人気です。訴求力のあるテーマを考えたら、あとは集客方法を選び準備を始めましょう。

各エリアの商工会議所の会報誌にチラシ

商工会議所

各エリアの商工会議所では会報誌を発行し会員に郵送していますが、会報誌にチラシを同封して送るサービスがあります。このサービスでセミナーの広告を送れば、商工会議所に会員登録している中小企業に直接広告が届きます。

商工会議所が発行する会報誌にチラシを同封するメリットは次の4つです。

  1. ダイレクトメールで送るよりも開封する可能性が高い
  2. 商工会議所の会報誌に同封されているため、信頼感がある
  3. 商工会議所会員限定で送られるため、可能性の高い母数を確保
  4. 送料の節約(1通につき20円未満)

ただし、商工会議所によって料金に差があります。広島商工会議所の場合発行部数9,500部で料金は10万円ですが、東京商工会議所は発行部数80,000部で料金が71万5,000円です。

また地域も商工会議所エリアのみの発想しかしていない場合もあります。予算と相談し検討してください。

企業リストを作ってDM送付

ダイレクトメール

ダイレクトメールを送る際は、ターゲット企業を絞り込む必要があります。リスト収集会社を利用すれば、企業リストの作成が可能です。

リストに絞り込み条件を入力します。リストの絞り込み条件は、エリア・従業員数・資本金・業種・売り上げなどです。

例をあげると次のような条件です。

  • 市内にある企業
  • 従業員数が50名未満
  • 資本金3,000万円未満
  • 飲食関係

企業リスト作成ツールのおすすめは次の3社です。月額利用料がリーズナブルで重複情報が少なく信頼できます。

もう一点注意したいことは、開けたくなるようなダイレクトメールを送らないと内容を見てもらえない可能性があることです。内容だけではなく、封筒のデザインにも気をつけましょう。

 Web告知媒体

Web告知媒体

Web告知媒体を選ぶ際に確認することは次の3つです。

  • 告知媒体を見るユーザー層
  • メインのセミナージャンル
  • 料金システム

中小企業経営者向けセミナーにフィットするWeb告知媒体を紹介します。

ページを確認し自社のイメージに合うWeb告知媒体を選びましょう。

ターゲットに届く方法でセミナー集客を増やそう!

セミナー

中小企業経営者向けセミナーの集客方法を紹介しました。紹介した方法は次の3つです。

  • 各エリアの商工会議所の会報誌にチラシ
  • 企業リストを作ってDM送付
  • Web告知媒体に広告を出す

どの方法も事前に準備しておけば、効果が期待できる方法です。予算を考えて最適な方法を選んでください。

また広告の効果をあげるためにデザインや文面などの工夫が必要です。訴求力のある広告は、まず信頼できること、そしてメリットを感じさせることができるかどうかにかかっています。

上記のような告知方法を利用して、セミナーの集客が最大になるようにご健闘ください

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする