ウェビナーサービスって何?セミナーに利用するメリットとデメリットは

新型コロナウイルスの影響で、オフラインのセミナーからオンラインのセミナーへ移行する動きがあります。今回は、最近よく耳にする「ウェビナーサービス」について解説しますので、これからどのようにセミナーを開催していくのかを考える上で参考にしてください。

ウェビナーサービスとは?

ウェビナー

ウェビナーは、ウェブWeb+セミナー(Sem)inarという造語です。オンライン上で繰り広げられるセミナーの総称で、オンラインセミナー、またはWebセミナーと呼ばれる場合もあります。

ウェビナーサービスの種類

ウェビナーサービスは配信方法で大きく2種類に分かれます。

  • リアルタイム(ライブ)配信
  • 録画配信

ウェビナーサービスの利用されるシーン

リアルタイムは、名前の通り生で配信する方法でセミナーや製品・サービス説明会、カスタマーサポート、記者会見、リアルタイムの講義などに利用されます。チャット機能を利用して参加者との双方コミュニケーションも可能です。

録画配信は、すでに録画された動画を配信する方法で、社内研修などeラーニングのために利用され、世界中どこに住んでいてもあらゆる講義を受けることが可能です。質問システムも備えている場合が多く、わからない点に関しても問題ありません。

ウェビナーのメリットとデメリット

メリットデメリット

ウェビナーサービスを利用する前に、メリットとデメリットをよく知ることが大切です。知った上で利用すれば失敗も抑えられます。

ウェビナーサービスのメリット

まずウェビナーサービスのメリットを開催者側と参加者側に分けてご紹介します。

開催者側

  • 会場を借りる必要がないため、安くセミナーを開催できるまた受付など参加者に対応するスタッフが必要ないことも安くセミナーができる理由です。
  • 広く参加者を集められる物理的に参加が無理な遠方に住んでいる参加希望者も参加できる、会場の広さによる収容人数のリミットがないため、多くの希望者が参加できます。
  • 日程を自由に設定できる会場を抑える必要がないため、日程設定が自由にできます。予算の関係で会場を借りる費用が高い土日を避ける必要もありません。
  • 撮影した動画は再利用できる生で質疑応答に応じる一方で一部録画した動画を利用するなどライブと録画をうまく利用すれば効率的な行うことができます。

参加者側

  • 気軽に参加できる会場に行かなくてはならないとなると、その日のスケジュールを調節する必要がありますが、ウェビナーなら端末さえあればどこでも参加できるため気軽に申し込めます。
  • 移動の負担がない移動の負担がないため、交通費がかからず参加者にとってもリーズンナブル。多少体調が悪くても参加できることもメリットです。
  • 座席による不公平感がない参加者が多いセミナーですと座る席によっては、参加しにくく聴きづらい場合があります。またスクリーンが見えなくて、意味がわからないまま進行する場合も。そのようなことがなく、特等席での参加が可能です。
  • 気軽に質問できるため、内容を認識しやすく講師との距離がオフラインよりも近く感じます。セミナーによっては匿名での質問が可能な設定にしている場合があるので、さらにちゅうちょしないで質問できます。

ウェビナーサービスのデメリット

メリットの多いウェビナーサービスですが、もちろんデメリットもあります。デメリットを知っておくと、解決する方法を用意することも可能です。

開催者側

  • 準備段階が十分でない場合、通信トラブルがあるリスクが心配です。音割れや画像が止まると、セミナーに対する満足度も下がってしまうので環境を整備しておくことが大切です。
  • 目の前に参加者がいないため、話し方やスピードに問題がないか反応をつかめないためわかりづらく初めての場合は不安になることもあります。一度録画してご自分で確認しておきましょう。
  • うっかり生活臭の見える背景が写ってイメージが悪くなる場合も。セミナーをする場所は棚などごちゃごちゃしたものがない場所を選んで行いましょう。こちらも一度録画をして状態を確認することが大切です。

参加者側

  • どこでも簡単に視聴できることが魅力である一方、ITスキルが全くない人は参加しにくいことがデメリットです。
  • 同じような目的を持った人と知り合うこともセミナーに参加することの楽しさですが、ウェビナーでは、そういうリアルな体験がありません。
  • セミナーに参加しているという実感が持てず、集中力が続かないため人によってはあまりメリットを受けられません。

新型コロナ対策にもなるウェビナーでセミナーを開催

ウェビナー

ウェビナーサービスの概要を紹介しました。

ウェビナーサービスを提供している業者はいろいろあります。それぞれに特色があるのでじっくり比べて、目的に合ったウェビナーサービスを選んで、セミナーや企業紹介、商品紹介などにご利用ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする