名刺交換で気をつけたいこと:異業種交流会で良い関係を築こう

異業種交流会を貸し会議室などを利用して開催することが増えています。会社勤めの人はもちろん、フリーランスの人も仕事の幅を広げるために積極的に参加したいものです。その際、名刺交換をすることで新しい人脈を作れます。会社員の方は名刺の渡し方などはサラリーマンの基礎中の基礎なのでご存知だと思いますが、フリーランスで働いていると知らない場合も多いのではないでしょうか。今回は、フリーランスの方にもぜひ覚えて欲しい名刺交換の際に知っておくべきことを紹介します。

名刺入れを用意しておく

名刺入れ

相手に自己紹介をする際、すぐに名刺を差し出せるように名刺入れを用意しておきましょう。相手が名刺を出しているのに、「どこに入れたんだっけ?」とポケットを探っていると失礼ですし、第一印象が悪くなってしまいます。

おしゃれな名刺入れを用意しましょう。あまり派手になりすぎず、センスの良さが伺えるデザインであることがポイントです。名刺入れに入れておけば、名刺が汚れたり折れ曲がったりということがありません。そして十分な枚数の名刺を入れておきます。異業種交流会で、せっかく知り合ったのに名刺がなくて交換できないなんてことがないように注意が必要です。

また、基本的に名刺交換の際は目下が先に渡すことがマナーです。相手が明らかに年上なのに名刺が見つからないなんてことのないようにしましょう。

名刺交換は立った状態で

名刺交換

誰かに紹介されて挨拶をする場合は座っていても立ち上がりますよね?自己紹介をする場合は立ってすることがマナーです。もちろん、名刺交換をする場合も同様で、必ず立った状態ですることが大切。

また机やテーブル越しにすることもマナー違反です。必ずそばに行って挨拶をしましょう。

お互いに名刺を差し出す

名刺交換

名刺交換をする際に重要なことは、相手が読める方向に両手で持ち、会社名や業種と名前を声に出して言うようにします。名前も苗字だけではなくフルネームにした方が、好感度が高く、印象に残ります。

また、相手より幾分下の位置に差し出すようにしましょう。決して相手の名刺の上にかぶせるように出さないように気をつけてください。

片手で受け取り、両手で持つ

名刺交換

名刺を渡す際に両手で差し出しますが、受け取る際に片手を外し相手の名刺をつかみます。そして両手で大切に持ち直し、「頂戴します」、またはもっと丁寧に「頂戴いたします」と言うことがマナーです。受け取ったときに指が名刺のロゴなどにかからないようにします。

難しい漢字の名前で相手が名乗ったときによく聞き取れなかった場合は、その場で確認しておきましょう。日が経ってから聞くと失礼になります。その際、名刺にメモしたいかもしれませんが、本人の目の前で名刺に書き込みをすることはマナー違反。書き込みたい場合は、相手がいない場所でするようにしてください。

不要になった名刺は?

名刺の処分

名刺交換の際に気をつけなくてはならないことではありませんが、もしいただいた名刺が不要になった場合の注意点があります。仕事をしているとどうして名刺が増えてしまいますが、退職や転職などで名刺が不要になってもゴミ箱にそのまま捨てないようにしましょう。

そのまま捨ててしまうと個人情報漏洩になる可能性があり、相手に迷惑をかけてしまう可能性があるためです。捨てる場合は必ずシュレッダーにかけて読めないようにすることを忘れないようにしましょう。

礼儀正しく名刺交換をして良い関係を

交流会

名刺交換の際に注意すべきことを紹介しました。たとえ同年代の相手でも礼儀正しく振舞うことで印象がよくなり、信頼を得られます。新しい仕事に繋がっていくかもしれません。

名刺交換で注意したい点は

  • 名刺入れに十分な枚数の名刺を用意する
  • 名刺交換は立って、両手で名刺を持って行う
  • 必ず自分の名前を声に出していう
  • 相手の名刺を片手で受け取り両手で持ち直す
  • 不要になった名刺を処分するときはシュレッダーにかける

以上の5点です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする