テレビ会議で全国の支社を結ぶ!WEB会議との違いも説明

テレビ会議を利用すれば地方の社員がわざわざ上京する必要がなく、経費の節約になるばかりか社員がより働きやすくなります。しかしシステムをそろえるのは大変な出費です。今回はテレビ会議を利用できる貸し会議室の紹介とWEB会議との違いを紹介します。

テレビ会議とは

全国に支社が点在している場合、会議のためだけに出張をすると出張費だけでもかなりの出費になります。それだけではなく、会議の日時を決める場合に、それぞれの取引関係の方との約束などがあり、誰にとっても最良の日を選ぶことは困難です。

しかしやはり情報を交換し合い、話し合う場所が必要です。そのような場合に利用されるシステムがテレビ会議です。テレビ会議とは、ISDNや専用線によって各地にいるメンバーと画像と音声を発信して会議を行うことができるシステムです。

テレビ会議には、コンソール、ディスプレイ、リモコン付きカメラ、専用マイクスピーカーなどが必要です。

テレビ会議での問題

テレビ会議は地方在住の社員も気軽に参加できる方法で、出張費などを節約できる方法です。しかし、テレビ会議にもいくつかの問題があります。音量を調節して全員が聞こえるようにすると、音が漏れてしまい隣室で仕事をしている人に迷惑になります。またモニターに全員が移るわけではなく、もっと見やすい最新式の設備にすると高額な出費になります。

そこでおすすめはテレビ会議が可能な貸し会議室です。設備が整っているためスムーズに会議が進行します。

テレビ会議とWEB会議の違い

web会議

WEB会議ができると表示されている会議室はたくさんあります。しかしテレビ会議室とは異なるため注意が必要です。テレビ会議システムは専用機器が必要で、遠隔地の会議室にも同じシステムを導入する必要があります。

一方WEB会議はWEBカメラなどの簡易なシステムで利用できます。そのため、WEB会議可能な会議室に自室から参加することも可能です。利用機器もパソコンである必要はなく、スマートフォンやタブレットなどで対応できます。

そのため、顧客とのコミュニケーションや上司や部下との一対一の会話にも利用されます。本社のグループと支社のグループ、またいくつかの支社とをつなぐためにはテレビ会議のシステムが必須です。

テレビ会議ができる貸し会議室

テレビ会議

テレビ会議はそれぞれの場所でシステムが必要です。ですから本社と支社とのテレビ会議をしたい場合は、それぞれの場所に同じ系列の貸し会議室があるとスムーズです。

TKPの会議室

貸し会議室

TKP公式ホームページ

TKPは全国展開している貸し会議室の大手です。テレビ会議システムも最新式の機器を用意しています。例えば、東京・大阪・福岡・札幌の会議室を結んで合同会議を開催することも可能です。大会場で行う場合にスピーカーやプロジェクター、スクリーンなどの手配も万全です。

TKPは全国に貸し会議室を展開していますから、適切な場所を見つけられます。

公式ホームページはこちら

ネットカンファレンス

貸し会議室

ネットカンファレンス公式ホームページ

テレビ会議のシステムを販売しているネットカンファレンスの貸し会議室です。専門でテレビ会議のサービスをしているため、常に最新機器とシステムを提供することが可能です。海外との接続も得意です。

ハイビジョンテレビに接続し、使いたいときに使いたい時間だけ利用できます。またネットカンファレンスの貸し会議室はどれも最寄駅から徒歩で数分とアクセス良好なことも魅力です。

公式ホームページはこちら

リージャス

貸し会議室

リージャス公式ホームページ

コワーキングスペース、レンタルオフィス、バーチャルオフィスなど企業に必要なスペースを提供しているリージャスのテレビ会議室です。テレビ会議室は収容人数4〜10名で利用できる大きさを用意しています。遠隔地にいるクライアントとテレビ商談に利用したり、遠隔地の出資者との相談などに利用できます。

公式ホームページはこちら

テレビ会議室で多人数での会議が可能

テレビ会議システムとテレビ会議ができる貸し会議室運営会社を紹介しました。

  • TKPの会議室
  • ネットカンファレンス
  • リージャス

この三社は全国に展開しており、全国でのテレビ会議が可能です。WEB会議との違いを理解して、必要なシステムを選ぶようにしましょう。テレビ会議が可能な貸し会議室は少数ですが、ほとんどの貸し会議室でWEB会議が可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする