ケータリングサービスにお任せ!幹事がすすめる貸し会議室の使い方

ケータリングサービスにお任せ!幹事がすすめる貸し会議室の使い方

「みんなで集まって食事しよう!」となったときに、意外と困るのがお店選び。

世の中には色々なお店があるものの10人以上が集まるとなると、お店の予約が取れないこともしばしば。結局いつもおなじお店になってしまう人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は幹事さんに向けて「貸し会議室で行うケータリングサービスの食事会」をご紹介します。

幹事の負担を増やすことなく感想を「また同じところなの?」から「今日は良かったね」に変えてもらうため、ケータリングを使って手間のかからない食事会を開きましょう。

ケータリングサービスって何?「料理の提供サービス」

ケータリングとは、コース料理を注文すると会場の設置から給仕、終了後の後片付けまで任せられるサービスです。

スタッフまで無料で派遣してくれるところが多いようです(会社によって細かいサービスは異なります)。

準備や片づけはどうするの?「自分たちでやらなくていい」

ケータリングサービス会社が、準備も片付けまでやってくれます。

レストランに行くのと同じで、手間は増えません。ちなみにデリバリーサービスは「出前」なので、片付けが自分たちでやらなくてはいけません。

なぜ貸し会議室を取るの?「大人数でも対応できる」

飲食物の持ち込みやケータリングサービスも可能な貸し会議室は増えてきました。

少人数であればレストランや居酒屋で予約を取れますが、大人数になると席が足りず予約を取るのが難しくなります。

ホテルであれば大人数での予約も取れますが、近くにあるとも限りません。職場でやろうにもパソコンがある昨今のオフィスでは飲食しづらい環境です。

その点貸し会議室を使えば、全社員が集まろうが取引先を呼ぼうが、そのときの状況に合わせた会場を予約すれば良いのです。

貸し会議室は予約時間が決まっているため長引く恐れもなく、終わったらそのまま帰れます。幹事だけでなく参加者にとっても楽なので、一石二鳥です。

ケータリングサービスの内容

一般的なパーティメニューはもちろん、ピザやスイーツも頼めます。寿司をその場で握ってくれるもの、シチューやパスタを温めたまま料理を出してくれるものなどがあります。

また大きなチーズの中でリゾットを作ってくれるコースも。

金額は内容によって様々で、豪華なものや料理も飲み物も一人当たり1千円台のメニューのものまで揃っています。

イスラム教の人が食べられるよう、ハラルフードを頼むことも可能です。

サラダやフルーツの盛り合わせもあるので、ベジタリアンにも安心です。

貸し会議室を利用する流れ

1.電話かメールで問い合わせます(「日にち」「時間」「施設」「人数」などを伝えます)

2.仮予約をし、見積もりを出してもらいます

3.申し込みます

4.前もって支払うか、当日支払います

5.会場を借ります

※貸し会議室によって、飲食物持ち込みのルールが異なるので、先に貸し会議室のルールを確認しておいてください。

ケータリングサービスを利用する流れ

1.電話かメールで問い合わせます(「日にち」「時間」「場所」「人数」「コース」など)

2.見積もりを出してもらいます

3.正式に発注します

4.前もって支払うか、当日支払います(後払いの会社もあります)

5.パーティ当日に搬入、セッティング、ドリンクサービス、片付け、搬出を任せます

まとめ

今回は「貸し会議室で行うケータリングサービスの食事会」をご紹介しました。

貸し会議室やケータリングサービスを使うときに幹事が行う「相談」「申し込み」「支払い」はレストランや居酒屋での食事のときもやっていることで、特別なことではありません。

これまでと変わらない手間で豊富なメニューの中から選択できる上に、準備や片付けまで頼めるケータリングサービス。

幹事にも他の人にも優しい貸し会議室での食事会を始めてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする